アクセス

二日酔いブロック注射のご紹介

医院正面
医院側面
院内
院内
院長と処置室
メイン画像

二日酔いブロック注射

あぁ。 昨日も飲み会でついつい飲み過ぎてしまった…
吐き気、だるさ、頭痛、めまいといった不快な症状に悩まされる翌日。

二日酔いの症状のつらさから
翌日は何をするにもやる気が起こらず、仕事の効率も下がったまま…

頭ではわかっているつもりなのに…

何度経験してもツラい二日酔い。

飲み会の楽しい雰囲気からか、ついつい飲みすぎてしまう。
翌日になったら毎度のごとく後悔してしまう。

「次こそはもう絶対に飲みすぎないぞ!」
そう心に決めたはずなのに…
いざ飲み会が始まると、また飲みすぎてしまう。

そんな日々のくり返し。

昨晩の飲み過ぎをなかったことにできればいいのにな…

ツラい症状から素早く立ち直れる。
そんなありがたい解決法はないのだろうか…?

そんな悩みがあるあなたにとって、
この注射は、あなたを救う"救世主"になるかもしれません。

たとえお酒を飲み過ぎたとしても、
それをなかったかのようにカラダを復活させてくれる。
そんな素晴らしい即効リセット術を紹介しましょう。

二日酔いになったとき、
私たちの身体はどのような状態なのでしょうか。

二日酔い=お酒の飲み過ぎ
=アルコールの分解能力を超えた過量のお酒を飲むこと。
によって引き起こされます。

正確にはアルコールの中間代謝物質である
アセトアルデヒドという成分が二日酔いの原因です。

どういうことかというと、
まずお酒を飲むと、体内でアルコールを分解させようと、
アセトアルデヒドという、非常に強い有害物質が発生します。

アセトアルデヒドは、アルコールそのものより、
なんと10倍以上も毒性が強く、
肝臓病を始めとする様々な重病を引き起こす原因にもなります。

つまり、二日酔いの原因はアルコールそのものではなく
アセトアルデヒドこそが、真の黒幕だったわけです。

言いかえると、
この有害物質であるアセトアルデヒドの発生をできるだけ抑えて
分解を早めてやれば、二日酔いの辛い症状に悩まされることはなくなるわけです。

ここで登場するのが、
当院特製の【二日酔いブロック注射】

二日酔いブロック注射には2つの素晴らしい成分が入っています。
それぞれ説明していきましょう。

1つめがグルタチオンという成分です。
グルタチオンは別名、解毒剤としても知られています。
有毒なアセトアルデヒドに対して、強力な分解作用があります。
二日酔いの原因であるアセトアルデヒドにとって、まさに天敵といえます。

2つめが強力ネオミノファーゲンシーという成分です。
肝炎治療としても使われるこの薬剤
肝臓の機能をパワーアップしてくれます。

グルタチオンによって、有毒なアセトアルデヒドの分解を促進し、
強力ネオミノファーゲンシーで肝臓の力をパワーアップさせる。

二日酔い予防注射はこのダブル効果によって、
あなたのカラダを二日酔いの辛い症状から守ってくれます。

「先生、注射が効果的なのはわかりました。
でも、飲み薬やサプリではダメなんですか?」

そう思われるかもしれません。

なぜ薬を飲むより注射が効果的なのか?を説明していきましょう。

それは、直接血管内に有効成分を入れた方が
「効果が早いから」&「吸収率が高いから」です。

飲み薬は、飲んだ薬が胃や腸で溶けて吸収されます。

でも、ちょっと想像してみてください。

そもそも二日酔いで食欲がないところに
食事を取り入れること自体、困難ではないですか?

しかも、
どんなに皮膚の外から栄養を与えても、皮膚の中に吸収される率は決まっています。さらに、サプリメントでとっても消化管での吸収率は決まっており、
一部しか消化吸収されないということもわかっています。

注射の場合、血流にのって、栄養素が全身の細胞に速攻で運ばれます。
内服では効果の出にくい栄養素を、直接体の中に、いち早く運び届け、
体の中から健康なカラダへと変えていきましょう。

飲み会が連日続いている…
年々お酒が弱くなっている…
お酒が弱い体質だけど、どうしても飲まなければいけない…

無理をしてお酒を飲んで、
二日酔いで翌日の仕事のパフォーマンスが落ちたり、
貴重なお休みの日を無駄にしてしまっていませんか?

そんな時、二日酔いブロック注射をお酒の席の前に打てば、
翌日の二日酔いが大幅に軽減されます。
二日酔いの不調も改善できます。

飲んだ翌日のパフォーマンスを最大限に!

これからの時期。
飲み会が何かと増える時期ですね。

そんなあなたの救世主、
二日酔いブロック注射のお話をさせていただきました。

飲み会が控えている方は当院まで、
今すぐに御相談ください。

北習志野えんどう内科
電話番号:047-404-1184