アクセス

診察時間

午前 8:30~12:00
午後15:00~19:00
受付は30分前まで

月火水木金土日
○○○○○○
○○○✕✕

その症状!!!
家で悩まずにお気軽にご相談ください!

北習志野えんどう内科
ブログ

自費診療注射のご案内

  • プラセンタ注射

    ここがすごい!プラセンタの効果!
    ★更年期症状の改善
    ★花粉症/アレルギー疾患の軽減
    ★肝炎や肝硬変…肝機能障害の改善
    ★腰痛/肩こり/ひざの痛みを軽減
    ★疲労回復/冷え性の予防
    ★免疫力アップによる風邪の予防
    プラセンタ驚異の「美容美白」効果の秘密は【3ステップ】の¨効果¨にあった!
    1.輝くような美肌を肌の内面から作り出す!

    続きを読む

  • グルタチオン注射

    別名、プリンセス注射とまで呼ばれる美白・美肌注射の王様と呼ばれる注射です。
    海外セレブの間でも知る人ぞ知る大人気の白玉注射。
    医療機関ではグルタチオン注射と呼ばれています。
    グルタチオン注射の説明の前にグルタチオンとはいったいどんなスゴイ成分なのか?を説明します。

    続きを読む

  • 疲労回復注射

    最近元気が出ないあなたへ。
    打った翌日には元気全開!
    残業していても以前のように疲れなくなった。
    栄養ドリンクと違って、直接血液中に取り入れるため即効性がケタ違い。
    当院でのリピート率は93%!
    疲労回復注射の秘訣は疲れをとりたいと日々願う40代以上の方におすすめの健康促進法です。

    続きを読む

特集コンテンツ

  • 新型コロナウイルス感染症に伴う風邪の診察対応について

    診察時間: 12時00分~12時30分まで(診察終了後)
    ※完全予約制(コロナウイルスの検査はできません)
    来院される方は047-404-1184
    までお電話にて御予約ください。
    ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

    続きを読む

  • 睡眠時無呼吸症候群専門外来について

    「大きないびきをかく」などの症状はありませんか?
    睡眠時無呼吸は高血圧・糖尿病などの生活習慣病、
    脳卒中、心筋梗塞などの合併症を引き起こします。
    当院では、睡眠時無呼吸症候群の対応医療施設として簡易検査を行っています。

    続きを読む

  • 糖尿病に悩むあなたへ

    最短最速で「数値の改善」「合併症の進展予防」を目指します。
    糖尿病が進行する前に、出来ることがたくさんあります。
    相談せずに不安な状態でいるより、早く相談していただいて、
    安心して将来を送れるよう、まずは知ってもらいたいことがあります。
    あなたやあなたのご家族のために、遠慮なくご相談ください。

    続きを読む

院長の医療への想い

院長画像
医療法人社団  憲節会
北習志野えんどう内科
院長  遠藤 康弘

大学病院という第一線での臨床経験に加えて、町のクリニックで患者さんと親身に寄り添った診察経験を同時に持ち合わせているため、患者さん一人一人に合った、“最適な治療の選択”が得意。
小学生でも理解できるわかりやすい説明と患者さんを自分の家族と思う親身な診察に定評があり、噂を聞きつけた患者さんが県内だけでなく遠方からはるばる来られるほど。

わたしはもともと医学部に通っていたわけではなく陸上のスポーツ推薦で他の大学に通っていました。
将来はプロになってオリンピックに出場、引退した後は栄養を専門とする会社に就職し、
プロ選手を育成する栄養トレーナーの仕事につきたい。そんな夢を思い描いていました。

しかし、ある日…練習中に不慮の大ケガ。完治して元通りの成績に戻るまで1年はかかるという診断。
在学中に成績を残すのは難しいと考えられたのでしょう。大学を中途退学という事態に追い込まれてしまいます。

退学後、実家に帰ってきて、しばらく何もせずにボーっと過ごすだけの日が続きました。

そんな中でも「焦らなくていいんだよ。あなたの本当にやりたいことがきっといつか、必ず見つかるから。
そんな日が来るまで焦らないで。きっと大丈夫だからね」

そう言って支えてくれた母の言葉を今でも鮮明に覚えています。
父が医師の仕事をしていて、その仕事ぶりを毎日近くで見て育った私にとって医師の仕事というのは、
ある意味一番身近な仕事だったのかもしれません。

そんなある日、私の運命を大きく変えるひとつのテレビ番組と出逢います。難病の病気と闘う親子の物語でした。

みなさんは『アシュリーちゃん』という名前を聞いたことはありますか?
私の運命を変えた彼女の病名は、プロジェリア。
簡単に言うと、人の10倍のスピードで寿命が進んでしまうという、非常に珍しい病気です。

その数わずか500万人に1人。日本でも10名弱の患者さんがいらっしゃいます。
その病気に立ち向かう、医療従事者と患者さん家族の物語が医師になるという決断になりました。

その病は世界の最新医療、どんな世界的権威の医師でも治療は不可能な病気。
そんな病気に懸命に立ち向かう医療従事者と家族の物語がなければ、今ここでみなさんに仕事観を書かせていただいている私はいなかったでしょう。

もともと走り幅跳びばっかりしていて、毎日砂場に向かって飛び跳ねていたばかりの私は、
成績が決して優秀だったわけでもなく…仮に医師になれても、こんな世界的権威の医師になることは今さらできないのでは?と思いました。

でもね……目の前で病気に苦しんでいる人がいる、病気で困っている人がいる。
全ての人、全ての病気を見ることは現実的に無理かもしれない。

でも、せめて自分の目に映る人達だけでも救えてあげられるような医師になりたい。心からそう思いました。
父の医師として働いている姿とその想いは一つに繋がり、私は医師になる事を決心しました。

もともと走り幅跳びで鍛えた根性だけはあったので1日10時間の勉強をひたすら毎日続け無事に受験に受かることができました。

遠く離れた土地で、医学部生活を始めていくことになります。

全部読む
続きを読む